☆中川先生にインタビューしました☆

杉本:と、言うわけで(笑)今日は中川先生に、宮崎県での研修会についてお話を聞こうと思います。中川先生、よろしくお願いします。(初めにYNSAについてはこちらをご覧ください)さっそくですが、宮崎はどうでしたか??

中川:(笑)よろしくお願いします。
研修会自体は2日間だったのですが、山元敏勝先生の実際の治療風景を見学したり、講義をきいたりしました。とても面白かったです。

杉本:山元先生のところへはどんな患者さんが来院されるんですか?山元先生自体は何科のお医者様なんですか?脳神経外科とか?中医学でも清脳開竅法などでは頭部に刺鍼するので、イメージ的には脳梗塞後後遺症的な患者さんが来院されるイメージなんですが…。

中川:山元医院自体は、内科・リハビリテーション科・麻酔科・消化器内科・放射線科となっていますが、来院される患者さんは本当に色々な方が来院していました。老人から子どもまで。なので患者さんの重症度もそれぞれで、軽症の方から重症の方まで色々たくさんでした笑。

杉本:沢山っていっても山元先生って結構高齢ですよね。80歳とかでしたっけ??

中川:はい!89歳だそうです。

杉本:89!!
一人で外来しているんですか??

中川:私が見る限りでは、お医者様は山元先生1人でした。とても忙しそうに働いておられました。周りに看護師さんやスタッフさんもみえるので、その方たちとの掛け合いも楽し気でとても雰囲気が良かったです。

杉本:中川先生の話を聞いていると、楽しそうなのも楽しかったのもとても伝わってきます(笑)。
そもそもな話ですが、お医者様である山元先生が鍼灸治療を始めるようになったきっかけって何だったんでしょうか。

中川:腰痛の患者さんに注射をする際に、間違えて疼痛緩和剤を入れずに注射したところ、腰痛も全身状態も緩和したことから、鍼灸師に本を借りて鍼治療の研究に取り組み独自の反射区、療法を考案したのだそうです。

杉本:なるほど。そういった話は、私も実際にお医者様から聞いたことがあります。ツボにトリガーポイント注射をしたらより効果が高まるかなぁなんておっしゃっているお医者様は案外多いのかもしれないですね。中川先生も実際に山元先生に鍼をしてもらったんですか?

中川:はい。記念に写真にも撮りました(笑)。施術前と後で顔色が全然違うのが自分でもびっくりでした。特に何が悪かったというわけではなかったのですが、なんとなくしんどいなーとは感じていたので施術後にはスッキリした感覚がありました。

杉本:YNSAは当院でも取り入れていますが、確かに施術後にスッキリ感を感じやすいように思います。もっと突き詰めて色んな反射区に施術することで更にあらゆる痛みや愁訴にも効果的なのでしょうね。

中川:そうですね。山元先生の外来でも整形疾患だけでなく、色んな愁訴の患者さんが来ていました。症状も比較的軽いものから重いものまで、改善具合も人それぞれではありましたが殆どの方がかなり良くなっていました。

中川:あと、宮崎という場所もとても良かったように感じます。

杉本:宮崎県って中々行く機会ないですよねぇ。私も小学生の時に一度行ったっきりです。サボテンアイス食べたなーくらいしか記憶にない笑。

中川:私も今回が宮崎初上陸だったのですが、街路樹から神社から一瞬「ここは南国?」と思ってしまうほど景色が違って…。見どころはとても一言では言い表せない…(●´ω`●)

杉本:南国な雰囲気がまた病気を治すにはよさそうですね。宮崎県の見どころはまた中川先生に直接聞いてもらうほうがよさそうです笑。先生インタビューに付き合ってもらってどうもありがとうございました。

中川:はい!是非なんでも聞いてください(^^)/とっても充実した3日間でした💕ありがとうございました💕

 

笑顔の明日を作る場所
三重県鈴鹿市にある”はやさき鍼灸治療院”
℡:059-389-7241
mail:sugimoto@hayasaki.info