作成者別アーカイブ: はやさき鍼灸治療院

2022/1/22

1月も後半ですね。
1月から4月までの3か月間はあっという間に過ぎますねぇ。

オミクロン株の感染拡大のスピードが速すぎて、今年の卒業式やら入学式はどうなるのかなぁといよいよ不安になってきました。我が家にも4月から1年生の娘がいるので、ちょっとそわそわしてしまいます。そして受験生の皆さんやその親御さん、大変ですが頑張ってください。

さて、私事ですが…
先日で産後3か月になりました(*´ω`*)

長男はすくすくと成長中です。名前も「成」なので、まさに名前の通り。3か月にして9キロあります( ゚Д゚)抱っこが辛い今日この頃。でもやっぱりかわいいのでついつい、抱っこしてしまいます笑。

長男の調子は今のところ、でかい以外は特に問題ないようですが、産後の私自身の体調をちょっとだけお話ししたいと思います。

実は、妊娠35週で妊娠糖尿病の診断を受けました。普通の妊婦検診では何の異常もなかったので、妊娠糖尿病がわかったのはかかっていた産婦人科の先生の直感のおかげだと思います。念のためにやってみようかといわれたブドウ糖負荷試験で引っかかり、そのまま慌てて転院となりました。長男が4200グラムというサイズだったのも妊娠糖尿病による巨大児だったからだと考えられます。

そんなわけで、産後3か月でもう一度検査をするために病院を受診してきました(;^ω^)

結果はTwitterでも話したんですが…
また引っかかってしまいました。

産後、入院中では血糖値も比較的安定していたのでちょっとショック…(*´Д`)
すっかり平気だと思い込んでいましたが、調べてみると産後1年ほどかけて徐々に改善していくみ人もいるみたいですね。でももしかして良くならなかったらどうしよう…って産後のメンタルに大打撃です。

同じようにモヤモヤしている方が案外いるのでは、なんて思ったのでここで自分の話もしてみようと思いました。あれこれ調べているうちに、私のように体重も血圧も尿検査も異常のない妊婦さんが妊娠糖尿病に…って話が案外あるようなので驚きです。私の場合、さらに遺伝的な要因もなかったのですっかり油断していました。

妊娠って病気じゃないからなんて言われるけれど、決して普通の健康体とも同じではないんだなぁって実感しました。

妊娠糖尿病になってしまった原因について、自分の思うところをいくつかあげますね。
・高齢であること
・食事と食事の間が開きすぎていたこと

ちなみに、一般的には「高齢であること」は妊娠糖尿病の原因の一つですよね。私もこれは知っていましたが、そこには高血圧や急激な体重の増加が関連していると勝手に思い込んでいたんです。妊娠糖尿病の原因は、胎盤性ホルモンがインスリン作用を打ち消すことが原因の一つだそうです。なので妊婦さんはどんな人でも妊娠糖尿病に罹るリスクがあるということです。

さらに、仕事をしている関係で昼食を摂らない生活に慣れてしまっていました。後で知ったのですが、妊娠中は食後の血糖が高くなりやすいそうです。なので、私の場合は食事と食事の間が開きすぎてしまい、低血糖からの急激な血糖値の上昇がよくなかったのではないかと思います。妊娠すると体重の増加を気にしすぎて、食べる量を減らしたりしてしまいがちですがそれは妊婦さんにとって良い方法ではないということを身をもって経験しました。そして体重という数字にばかり囚われるのはよくないと改めて感じました。

糖尿病は一般的に自覚症状がないことが多いと言われているのですが、私自身が感じた高血糖時の体調で気になったのが「こむら返り」でした。血糖コントロールのために入院して、しばらくしたらなくなりました。因みに退院して出産するまで、ひどいこむら返りは起こりませんでした。今現在は、こむら返りはないものの、足がだるくて3女に踏み踏みしてもらっています(;^ω^)血糖値が落ち着いたら足のだるさもなくなったりしますかね?次の検査はまた3か月後なのでその時にまた報告したいと思います♪

笑顔の明日をつくる場所
三重県鈴鹿市にある「はやさき鍼灸治療院」
℡:059‐389-7241
mail:sugimoto@hayasaki.info

 

2022/1/11

あけましておめでとうございます!
2022年もどうぞよろしくお願いいたします!!!

すっかり間が空いてしまいました(;_:)
Twitterでお知らせしていましたが、年末にPCがついに壊れてしまいました…。開院当初から使っていたので8年とか?何度か修理に出したりしたこともありましたが、ついにサヨウナラとなってしまい…。すべてが失われたため、ここまで来るのに時間がかかってしまいました。

バックアップはとってあったけれど、いざとなると色々と出てきますね💦
てんやわんやしました。とりあえず、大きな被害はなさそうでようやく安心したところです。

昨日で産後3か月になりました。
身体のあちこちが相変わらず痛みますが、どうやら赤ちゃんのいる生活にも慣れたようです。偶然なのか、毎年の傾向なのか年末年始は逆子の患者さんも多くて今日も朝から逆子の問い合わせが何件かありました。妊婦さんの来院も増えているように感じます。帝王切開の辛さを身をもって体験したので、今までよりもさらに気合を入れて逆子と対峙していきたいと思います笑。

とはいえ、治る逆子ちゃんばかりでもないのが辛いところ…。近頃本当に思うのが、産休に入る時期が遅すぎるってことです。規定通りだと出産予定日の42日前からが産前休暇になります。その影響で、当院に逆子の治療で来院される方は33週以降の方が多くなります。お仕事をしながら逆子のことにまで気が回らないのもあるかと思いますが、逆子治療を受けるのなら30週くらいには始めておくべきだと思います。

来院される妊婦さんにも説明するんですが、35週までには治しておきたいと思って施術しています。これは胎児が大きくなって治りにくくなるということもあるのですが、それよりもやはり35週くらいからはお産に向けて、妊婦さん自身の心身を整えることに重点を置いていきたい時期なんです。なので分娩方法などのバースプランもこの時期にはある程度決まっていたほうが、妊婦さんの気分が随分違うように思います。

妊娠、出産、育児と家族にとって一大イベントです。特に女性は、およそ10か月の間、赤ちゃんをお腹で育てて出産してというあまりにも過酷な仕事を任されている身です。常に自分一人の身ではないということを念頭に置いておかなくてはならないです。私自身、4回も経験しておきながら毎回、すっかり忘れてしまうので偉そうなことは言えないのですが…💦

自分を労わることが家族を労わることになるんですよね。

写真は3女が5か月のころ。懐かしい…。
3か月の長男は、この時期の3女と同じ体重です( ゚Д゚)

笑顔の明日をつくる場所
三重県鈴鹿市にある【はやさき鍼灸治療院】
℡:059-389-7241
mail:sugimoto@hayasaki.info

2021/12/24

クリスマスイブですよ~🎄⛄🎄
何だか週末は再び寒くなるとかいう話ですが…どうなることやら。

さて、明日は年内最後の土曜日です。来週はお正月Σ(・ω・ノ)ノ!
治療院自体は28日の火曜日までやっていますので、年内まだ予約は間に合いますよ。とはいえ、結構埋まってきているのでご予約はお早めにお願い致します。

年内、この新着情報はもう一度更新する予定ですが念のため年末年始のお知らせだけ載せておきますね。
年末年始休診のお知らせ
12月28日火曜日午後~1月5日水曜日まで休診
※2023年は1月6日木曜日から開院しています※

来年は寅年です。うちの次女が寅年で、私の母も寅年なんです。それから亡くなった祖母も寅年でした。なんだか縁のある干支のような気がして、今から2022年がちょっぴり楽しみです。

干支による性格診断みたいなのも大好きで、患者さんとその話題で盛り上がったりすることもありますが、私調べによると寅年の人は家庭的なイメージ(●´ω`●)あくまでも私調べによりますが💦

というわけで、そんな話が好きな方も大歓迎です笑。

笑顔の明日を作る場所
三重県鈴鹿市にある”はやさき鍼灸治療院”
℡:059-389-7241
mail:sugimoto@hayasaki.info

 

2021/12/18

寒いですね~。今朝は遂に雪が降りました。
私の実家は三重県桑名市ですが、鈴鹿より雪が積もっているようです。

とはいえ、子どもの頃に比べたら雪が積もることもずいぶん減りましたよね。地球温暖化の影響でしょうか。小学生中学生のころは学校でそのように習っていたような気がします。

今週も今日でおしまいです。
今週は14日火曜日がサラダの国で小児はりセミナーをさせて頂きました。この日は珍しく良いお天気で、朝からポカポカと暖かい日でした。お洗濯日和だったからか、参加者は4組9名でした(●´ω`●)。パパにそっくりな娘ちゃんとパパさんのペアもいましたよ♪親子でお顔がよく似ているのは何だかとっても癒されちゃいます。ママから生まれたのにパパの顔…遺伝子って不思議ですよね。

この日は治療院によく来る小児はり関連の症状について紹介しながら、お家でどのような感じで小児はりをしたらいいのかについてお話ししました。我が家の生後2週間の長男が便秘になっているという話もしてみたら、「うちもです!」なんてママさん達の声も聞くことが出来てビックリでした。ねんね期からの便秘に悩んでいる方は案外多いのかもしれません。

ちなみに我が家では…
毎日小児はりできているときは順調なことが多いんです。特に平日は毎日決まったリズムで時間が過ぎるので、順調だったんです。週末に外出する機会があったり、お姉ちゃんの鼻風邪を貰っちゃったり…そんなタイミングで便秘になっちゃうんですよね💦

2~3日出ない時は、綿棒にワセリンをつけて肛門を刺激する方法で水っぽい便が出るまで出させてしまいます。入口に溜まった硬めの便が外に出れば、あとは毎日の小児はりと規則正しい生活で元通り順調な排便が戻ってきます。

あくまでも我が家の場合なんですが💦
今まさに便秘でお悩みのママさん達はまた参考にしてみて下さいね。

来週はいよいよクリスマスウィークですね🎄
サンタクロースさん達はプレゼント準備出来ましたか??最近の子どもたちは何歳までサンタクロースからプレゼントを貰っているんでしょうか(´゚д゚`)。私は小学4年生くらいでした。

笑顔の明日を作る場所
三重県鈴鹿市にある”はやさき鍼灸治療院”
℡:059-389-7241
mail:sugimoto@hayasaki.info

 

2021/12/11

今週も今日でおしまいですね。
寒くなってきてから逆子の問い合わせが増えてきました。

治って欲しい!!

念を込めながら施術していますが、良くならない場合も…(;O;)

そんな中、今週は改善して卒業される妊婦さんが続きました。
素敵なお産になることを願っています(●´ω`●)

ママもチビちゃんも頑張れー(*^▽^*)

笑顔の明日を作る場所
三重県鈴鹿市にある”はやさき鍼灸治療院”
℡:059-389-7241
mail:sugimoto@hayasaki.info

 

2021/12/3

さぁ、12月ですよー
日本中の「師」が一斉に走り出す…まさに「師走」

そんなことは毎年この時期、つぶやいちゃってることなんですが
それでも毎年ついついつぶやいてしまう…

うっかりしてると毎年おんなじことを書いてしまいそうなんで、今日は年末とは全く関係のない話題を…

今日は箕田小学校の3年生の子どもたちが、総合学習の授業でインタビューに来ましたよ。
カチンコチンに緊張しながら、一生懸命色々聞いてくれました(;^ω^)

沢山の質問の中で、ちょっとだけ印象に残った質問が
「はじめての治療は緊張しましたか」

鍼を刺すことよりも、話をするのにひどく緊張した記憶はありますけどね…。でもそれは今も同じで、初めましての患者さんと話すときは緊張します💦

初心忘るべからず

笑顔の明日を作る場所
三重県鈴鹿市にある”はやさき鍼灸治療院”
℡:059-389-7241
mail:sugimoto@hayasaki.info

 

2021/11/27

とうとう11月も終わってしまいますね。

と、いうわけで年末年始休診のお知らせです。
12月28日水曜日午後~1月5日水曜日 休診となります

サラダの国小児はりセミナーのお知らせです。
12月14日火曜日10時半~
  1月11日火曜日10時半~

みなさんにとって2021年はどんな一年でしたか?
今年もあと1ヶ月ちょっとですが、この一年をゆっくり振り返る時間があればいいなとぼんやり考えています。とはいえ、私にとっての2021年はなんといっても…妊娠出産でしたね💦

2021年早々に妊娠が発覚し、過去3回あった妊娠出産とはまた違ったものとなりました。やっぱり何度でも思うのが、同じような妊娠出産は存在しない…ってこと。今回は帝王切開も妊娠糖尿病も経験してしまうことが出来ました(゚Д゚;)。医療人としては健康管理に問題があったなと反省するべきところが多々ありますが、これもまた貴重な経験をさせてもらったと我が子に感謝です。

以前からここでも話している通り、今回の出産は43歳4回目でした。
第1子→29歳 第2子→31歳 第3子→37歳 第4子→43歳
こんな感じで妊娠出産を経験しているのですが、よく若い頃のほうがお産が楽だったでしょうって言われます。そもそも29歳が若いかどうかって言われるとそこも微妙なんですが(そりゃぁ今と比べたら若いけども…汗)

そんなわけで分娩時間と楽だったと感じた順↓
第3子(40週1時間以内)→ 第1子(37週6時間)→ 第2子(38週8時間)→ 第4子(38週帝王切開)
こんな感じですかね(;^ω^)
個人的には分娩自体にあまり年齢差は感じませんでした。どちらかというと自然分娩には精神的な不安感が大きく影響していたように感じます。例えば、第2子の時は第1子と2歳差での出産だったということで上の子のイヤイヤ期やトイトレ、言葉の発達、仕事のストレスなど心配なことがすごく多かったです。逆子にもなりました(^▽^;)

これから出産の妊婦さん、是非安心して出産を迎えることが出来るように環境だけでなく、精神的な部分も準備しておいてください。よっしゃーいつでもオッケーって思ったら案外すんなりとお産が始まるのかもしれません。あくまでも私の考えですが…汗。

笑顔の明日を作る場所
三重県鈴鹿市にある”はやさき鍼灸治療院”
℡:059-389-7241
mail:sugimoto@hayasaki.info

2021/11/20

朝晩冷えますね。
コロナの感染者数は落ち着いてきているこの頃ですが、風邪気味の患者さんがチラホラ…。昼間と朝晩の温度差が激しすぎて、何を着たらいいのか難しいです(>_<)特に私は、ずーっと屋内で過ごしているので、朝夕外へ出た時の寒さったら…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル ←まぁ、ちょっと大げさですけど💦

でも風邪をひいてしまう方の大半が、気候に慣れずに身体を冷やしてしまったことによる影響が多いようです。お出かけの際は上着を持っていくようにしてくださいね。そして、夜寝る時は温かくしてください。

さて、今週は妊娠報告を何件か頂くことができたとても嬉しい1週間でした(●´ω`●)
鍼灸治療を受けることで具体的にどのような効果が作用して妊娠につながるのか、まだまだ明確にはなっていないのですが、それでも年々、挙児希望の患者さんからのお問い合わせ、ご予約が増えています。明確なエビデンスが無い以上、私自身の経験と知識で試行錯誤しながら患者さんの施術に当たらせて頂いています。そんな中でも、鍼灸治療が効果的だったと実感して下さる方が徐々に増えてきているようでとても嬉しいです。

来週くらいには逆子の患者さんも治っているといいなぁ(;^ω^)

笑顔の明日を作る場所
三重県鈴鹿市にある”はやさき鍼灸治療院”
℡:059-389-7241
mail:sugimoto@hayasaki.info

2021/11/13

先日、1か月検診に行ってきました。

産後1ヶ月は大事にしなくてはいけない、と言われていますが4人目の出産ということもあり…💦寝て過ごすなんて(仕事をしていなくても…)できるわけがなく(;^ω^)

むしろ仕事をしているおかげで、新生児のお世話を手伝ってもらうことが出来ている影響なのか、産後鬱のようなメンタルの不調にはなっていません。退院時と2週間後、一か月後でエンジバラ産後うつ病自己評価表を記入するんですが、違いを自分でも感じる…(゚Д゚;)。詳しい点数は覚えていませんが、確実に2週間、1か月後で改善していたと思います。

やっぱり、出産後はうつ傾向になりやすいんだなぁと感じました。
今回、大部屋での入院生活でしたが、周囲の音とか声とか結構敏感に聞いてしまっていたようにも感じます。ちょっとしたことが気になりやすい状態になるのかもしれないですね。身体がしんどい時は精神的にもしんどくなりやすいのもあるかもしれません。

それにしても、産後2週間検診っていうのは初めてでした。3番目の時も無かったと思うけどなぁ。6年前ですけど、結構色々変わっているもんなんですね。それだけ産後うつになる人が多いってことなんですかねぇ?コロナの影響もあって、入院中も面会は一切禁止だったし、孤独感から追い詰められやすくなるのかもしれません。

自分は大丈夫と思っていても、出産後は特に不安定になりやすいようです。前のめりになりすぎないように。考え込みすぎないように。力を抜いて仰向けに寝っ転がって深呼吸…(*´з`)

旦那さんの存在もとっても大切だと思いました。いつも寄り添っていて欲しいけれど、この時期はそれ以上に寄り添っていて欲しいなぁ…。そう考えると、男性の育児休暇は絶対取るべきだと思います。あとは妊娠中の検診以上に、産後の検診は付き添うべきかな。

笑顔の明日を作る場所
三重県鈴鹿市にある”はやさき鍼灸治療院”
℡:059-389-7241
mail:sugimoto@hayasaki.info

 

 

2021/11/5

久しぶりの更新となってしまいました。
10月10日に無事、長男を出産しました。長らくお休みしてしまい、大変ご迷惑をおかけいたしました。今月から治療院も再開しています(^^)/

6年ぶりの妊娠出産は、胎児ドックに始まり、妊娠糖尿病や巨大児、手術日前に突然の破水からの帝王切開等々…結構盛沢山な経験となりました。色々自分なりに学んだことや、感じたことがあったのでお話ししたいんですが、どこから話したらいいものやら…💦

とりあえず、帝王切開分娩がいかにしんどかったかを経験者同士で語り合ったりしています笑。でもずっと、帝王切開で出産するってどんな感じなんだろうって思っていたので良い経験でした。

お陰様で長男はでっかく産まれて、メキメキ成長中です。今のところ母子共に異常もなく元気に過ごすことが出来ています。また詳細についてもぼちぼち、お話ししていこうかなぁと思っています。乞うご期待(;^ω^)

笑顔の明日を作る場所
三重県鈴鹿市にある”はやさき鍼灸治療院”
℡:059-389-7241
mail:sugimoto@hayasaki.info